増える下書き保存と新鮮さ


最近書こうとして、途中でなんらかの理由があったんだと思いますが下書き保存が増えています。

なんだか、途中で手が止まったりすることが多くなっていて、それを後から見直して書き出そうとするのですが、そうしようとしたところでふっと思います。「これそのときどんな気持ちで書いていたっけ?」

その時その時で気持ちだとか勢いだとか、そんな風な「その時にしか出せない気持ち」というのがあって、出来るだけその時の気持ちを取り戻してみようとがんばってみるのですが、なかなかうまくはいってくれません。そしてわたしはそれをとても大事にしているので、戻れないとなかなか書き進むことが出来ません。

なんでわたしがそれを大事にしているかと言うと、

  • うまく感情や考えを伝えたいと思うから。
  • その時の思いを形にしないと自分の中で矛盾が出てきてしまうから。

この2つが主にわたしの中で大事にしていることです。

1つ目は、はっきり言って見れたものじゃないものをなんとか見られる程度にしようと思うからで、これほど難しいことはないし、自分の書いている勢いと読む人のテンションなんてものはまったく違うので、伝わるか伝わらないかよりも、2つ目の事を特に気にしています。

時間が経てば、自分を作ってきたベースにあるものを除いては移り変わっていってしまって、自分の中で「あれっ?」って思うとそこまでで、もう書けません。自分の違うと思うことを書くのはおかしい。だから、できるだけその場で書き上げたいという思いを大事にしています。

でも、かなり長考しないと書けないものもあって、そういうものも大事にしていきたいのですが。なかなか難しいですね。頑張ろうと思います。


かしこ