感情を込めすぎないこと


あるブログを読んでいて、あーそれはそうかもねーと思ったのでメモ。

冷静に分析したりだとか、なにかを伝えたいと思うときにあんまり自分の感情を挟み込むと、読んでいる人に伝わらないことになったり、自分が「こう伝えたい!」って思っていることがちゃんと伝わっていなかったりだとか、そういう弊害とかが起こって、自分の意図していないような感覚で伝わってしまうこと。

わたしはあまりそういう冷静になにかを伝えたいと思って書くことはとても少ないのですが、それでもたまに、ごくたまにそういうものを書いてみたいことがあるときに、ふと自分で見直してもわからないことがあって、そういう時、どうしたらちゃんと伝わるようになるか。と考えた時に、「冷静になる」だとか「客観的にみる」だとか言ってしまえばそれまでなのだけど、そういった事を書きたいときってたいがい気持ちが乗っている時で、そういったことってけっこう難しかったりするんじゃないかな、と思うんです。

それで、どうするか。わたしは判断するときに、「伝えたい情報に余計な事を混ぜてしまっていないか?」ということを考えて、とりあえずそれだけを気にして書いたりします。それ以外のことは、とりあえず後で見直したければ見直す。そんな感じ。それだけやっておけば、あるひとつの物事に対してはうまく伝えられるかもしれないと思っていますが、きっと他にもやり方はあるはずで、それは個人個人によって方法は変わってくるんだろうなと思います。

書き手の味の出た、ちゃんと思うとおりに伝わる文章。1度でも納得するものが書けたら、気持ちいいだろうな、と思います。


かしこ