つながることの難しさ


昨日、ちょっととある緊急ミーティングが開かれまして、そこでいろいろ聞いたり少し発言してみたり、結局答えはないのだけれどとにかくどうしたらいいんだろうという事を話していました。

ミーティングのメンバーは、みんなtwitterで出会った方たちです。わたしは、あまり人に入れ込まないというか、他の仲のいい(わたしがそう思っているだけかも?)方たちの発言だったりを、あまり追ったりしていません。

それは、とにかくtwitterというものが「いまなにしてる?」でつながるコミュニケーションサービスだからだと思っているからです。常に今。わたしがタイムライン見たその時に、「この言葉は面白い!」と感じればふぁぼったり、リプライをしたりします。もしかしたら、わたしが見ていない時に、すっごく笑ってしまうポストをしている人がいるかもしれません。でも、それはそれ。だって、そのポストをしてから時間が経ってから見たって、その人が「今もそう思っているかはわからない」から。

興味だとか好感だとか、そういうのはその時その時で移り変わったりします。わたしはその人の今を確かに感じて、心を動かしたいんです。だからtween常時起動とかもしてないです、まとめないし。作業の邪魔になるときあるし。*1

大きく話を脇道に逸らせますが、たまーにしかwebでは見ないですけど、見たときにネガコメがばーって出てきたら凹むよね…わたしだけかな…。tweenの作者のきりさんはすごいと思います!きりさんだけに限らずすべてのtwitterツールの作者さんに敬礼!( ゚д゚)> 

で、結局何が言いたかったのかと言うと、twitterはツール使って流し見して心が暖かくなったらすごく気持ちがいいんだってこと。気にしすぎもよくないですよ。気楽にいこうよー。


かしこ

*1:右下にアイコン出てるだけで気になったりしてしまう!