東京マラソンのカツラ被った130番の人は本当にすごい人


東京マラソンが終わりましたね。わたしも応募はしましたが落選したうちの一人で、かなり楽しみにしていました。なんといっても世界選手権選考レースであること。そして、わたしがずっとあこがれていた選手の一人であるカネボウ高岡寿成さんの引退レース。ということで、かなり注目していました。

結果としては、男子は九電工の前田選手、女子はアルゼの那須川選手と、スピードのあるランナーが世界選手権に内定し、ベルリンに向けて期待できる選手が選ばれたな、という印象です。個人的には、高橋謙介さんや藤田さんなどの、箱根紫紺対決時代のランナーを応援していたのですが(陸上競技を始めるきっかけとなったため。)、残念ながらといった感じですね。高岡選手も途中棄権ということで、残念ですが、本当にお疲れ様でした、と言いたいです。

そういうこともありながらネットを見ていると、どうやら違う選手が注目されていたようですね。

          この人。↓

f:id:sad_smiLey3:20090323192456j:image

130番・枚方マスターズ・高田伸昭さん。この人は只者ではないです。いや本当に。ということで。少し、この高田さんについてまとめてみたいと思います。

まず、東京マラソンエントリーリストより、詳細を。


順に、No,、氏名、Name、所属、資格記録、大会名、自己記録、年齢、身長、体重


130 高田 伸昭 TAKATA, Nobuaki 大阪枚方マスターズ  2:19:31 08年福岡  2:19:31  32  169  56

全体のエントリーリストはこちら。no title

こうしてみると、いかにこの人がすごい人か、というのがわかります。まず、3桁のエントリーナンバー。これは、エリートの部といって、世界選手権選考レースに参加している、ということです。ある一定のタイムを切っていないと、この部には参加すらできません。

参加資格;引用

11.参加資格

(1)次の1・2・3を満たす男女競技者

1・2008年度日本陸上競技連盟登録競技者。

2・2009年12月31日現在満20歳以上の者。

3・2007年(平成19年)3月1日以降2009年(平成21年)2月8日までに日本陸上競技連盟が公認する競技会で下記の記録を出した者。

男子 マラソン 2時間27分以内 女子 マラソン 3時間00分以内

※標準記録はマラソンのみ。 30km、ハーフマラソンなどマラソン以外の記録での参加資格設定はない。

(2)日本陸上競技連盟が推薦する男女競技者

(3)日本陸上競技連盟が招待する外国・国内男女競技者

そして、ナンバーは自己記録の速い順番につけられます。ということは、この人はエリートの部で30番目に速い記録を持っているということになります!*1

2時間19分というのは並大抵の練習で出る記録ではありません。本当に速いです。

今回の高田さんの各区間ごとのタイムがまとめられていたので引用させていただきます。

 スプリット   ラップ  通過時間

 5km 00:15:01        09:25:01

 10km 00:32:11  0:17:10  09:42:11

 15km 00:49:16  0:17:05  09:59:16

 20km 01:06:07  0:16:51  10:16:07

 25km 01:23:12  0:17:05  10:33:12

 30km 01:40:26  0:17:14  10:50:26

 35km 01:58:14  0:17:48  11:08:14

 40km 02:17:14  0:19:00  11:27:14

Finish 02:25:38  0:08:24  11:35:38

最初に飛ばした分、35~40kに影響したみたいですが、最初飛ばして17分くらいを維持しているという点において、やはりかなり練習している人であるということは間違いないようです。

そしておまけ。この高田さん、自己記録を出した昨年の福岡国際マラソンは、なんと外国人選手・実業団選手を除くと、なんとトップでゴールしているんです!その他福岡国際マラソンからの記録をまとめてみたいと思います。

08’12 福岡 2​:​1​9​:​3​1 17位

09’2 香港? 2:23;31

09’2 篠山 2:20:59 1位

09’3 東京 2:25:38

というような感じのよう。コンスタントに2時間20分台前半を連発しているというのがすごいですね。感服いたしました!

余談ですが、わたしはこの高田さんとおそらく記録会等で一緒に走ったことがあります。速いだけじゃなくおもしろさも兼ね備えたランナーですね!


かしこ


おまけのおまけ;高田さんのブログ→フルマラソンを2時間20分切って走る方法

*1:招待選手や推薦選手は別ですが。