悲しみをやさしさに


1週間が長かった。

ちょっとどころじゃないことがあったので、さすがに堪えた。

そしてあらためてわたしは人としての重要な“なにか”が欠けているなあと感じてしまった。少しまた遠ざかったなにか。ちょっと辛いなあ。

でも、いつまでもこのままではいられない。せっかく感じたこの距離を、別のなにかで繕って埋まるように。

ひとつの悲しみをひとつのやさしさに変えていけるように。

また階段を登り出そう。