平凡だが退屈な日常



実は、これは最もあるべき幸福の形である。